MENU

様々な痔トラブル!痔に効く薬でしっかりケア!

痔に効く薬・サプリ 画像

痔のトラブルと言うのは意外に多くの人が
抱えている悩みと言えるのではないでしょうか?

 

実は痔のトラブルは、とても簡単なものであれば、
ちょっと安静にしていると治ったりする事もあります。

 

ただ、痔が出来てしまうと言うのは、本人の
生活環境や食生活、体質などが関係をしており
痔が出来る人は、何度も出来るものです。

 

さらに、いぼ痔などは気がつきづらく、
酷くなると化膿をしたりして、本格的な
治療が必要となってしまいます。

 

その為、痔が酷くなる前に、きちんと
対応をしていく必要があります。
ではどう言った対応が良いのでしょうか?

 

痔に効く薬・サプリ 画像

まず、長時間座りっぱなしは避けて、
ストレスの少ない生活をするようにし、
刺激物の摂取は控えましょう。

 

また、血流が悪くなると肛門付近のうっ血に
繋がりますので、運動などを習慣づけて
冷え性などは改善をしていきましょう。

 

また、肉類の食べすぎは控え、野菜類、
さらに水分を摂取し、便を柔らかく、
そして便通を良くしていきます。

 

こう言った体質、生活習慣の改善が
必要となりますが、ここまでやれるかと
言われると難しいのではないでしょうか?

 

そこでお勧めなのが、痔に効く薬
取り入れていくものとなります。

 

痔に効く薬・サプリ 画像

痔に効く薬には色々なものがありますが、
便通を良くしたり、便を柔らかく、
腸内環境を整えるものがあります。

 

さらに、出来てしまった痔に塗布をしていく事で、
治癒をする事が出来る製品もあります。

 

そして血流を良くしていくもの等、
製品の種類は様々と言えるでしょう。

 

自分の痔の原因、また変えづらい
生活習慣などに合わせて、足りない部分を
補うような使い方がお勧めとなります。

 

当サイトでは色々な痔に効く薬を紹介しています。
ぜひ自分の生活に合うものを探してみて下さい!

 

 
ピーチラック乙字湯

ピーチラック乙字湯

ピーチラック乙字湯とは?

意外に多いのが痔の悩みを抱えている女性。
そして痔の問題は専門医の所に相談をしづらい
というのが治りにくくしている。

そう言ったデリケートな悩みを持つ女性に
お勧めなのがピーチラック乙字湯。

ピーチラック乙字湯は、漢方が6種類配合されており
1日2包飲むだけで、根本的に痔に対してアプローチを
行い、身体の内側からケアをしていく事が可能。

サプリメントではなく、第二類医薬品になっている為、
その効果も確実なものとなる。

時間をかけてじっくりと、そしてしっかりと
治していく為に、お安く継続が出来る
特別モニターコースが用意されており試しやすく、
継続しやすくなっている。

価格 7,960円初回3,960円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 当帰、柴胡、升麻、オウゴン、甘草、大黄
ピーチラック乙字湯の通販情報

<メーカー/ブランド>
漢方生薬研究所

<商品の仕様>
内容量:32包×2箱(1か月分)
摂取量:1日2包目安
粒のタイプ:顆粒

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:−
まとめ買い:6箱セット:23,800円17,910円(25%OFF)
定期コース:7,960円3,960円(初回50%OFF)
      ※最低継続回数:1回[初回解約OK]
【その他】
配送料:540円/モニターコース送料無料
手数料:無料
返金保証:−
特典:ピーチラック白書プレゼント

 

 
エンジェルオコレ

エンジェルオコレ

エンジェルオコレとは?

痔に悩み、痔に効く薬を探している人はとても多い。
そしてそう言った方の悩みを優しく、さらに根本から
治せるようにアプローチ
出来るのがエンジェルオコレ。

エンジェルオコレは、痔の痛み、辛さ、そして
解消するのが難しい生活環境からくる
負のスパイラルを優しく解消していく。

腸内環境を整え、便の水分量の調節をサポートし、
冷えた身体を温めてくれる、身体の内側から
痔の悩みを解決してくれる、痔に効く薬となる。

価格 3,980円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 ビフィズス菌BR-108、難消化性デキストリン、ヒハツエキス
エンジェルオコレの通販情報

<メーカー/ブランド>
AKAHAI

<商品の仕様>
内容量:60粒(1か月分)
摂取量:1日2粒目安
粒のタイプ:錠剤

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:3,980980円(初回75%OFF)
      ※最低継続回数:1回
【その他】
配送料:270円
手数料:300円
返金保証:−
特典:−

 

 
ビフィーナS

ビフィーナS

ビフィーナSとは?

ビフィーナSは、様々なサプリメントや健康食品を販売し、
信頼感がある森下仁丹より販売されている痔に効く薬。

このビフィーナSには、ロングガム種のビフィズス菌
配合されており、それによって腸内フローラが良好な
状態になっている事が学術論文によって確認されている。

元々痔は便秘によって起こりやすくなり、そしてさらに
便秘によって悪化しやすくなる。痔を治していく為に
便秘を解消するのは必須条件


その為、ビフィーナSのような腸内フローラを
良い状態にしてくれる薬は、腸内環境を改善し、
健康にしてくれるタイプの痔に効く薬と言える。

価格 3,856円初回2,980円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 ビフィズス菌
ビフィーナSの通販情報

<メーカー/ブランド>
森下仁丹

<商品の仕様>
内容量:30包(1か月分)
摂取量:1日1包目安
粒のタイプ:顆粒

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:3,856円2,980円
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:360円
手数料:216円
返金保証:−
特典:−

 

 
ボラギノールA

ボラギノールA

ボラギノールAとは?

痔に効く薬と言うとボラギノールAと言う位に、
世の中に浸透をしている痔に効く薬なのがこの製品。

外から塗る事も出来、またチューブ状になっている事で
中側にも塗る事が出来る為、内側の炎症や痛み等の
トラブルにも対応可能。

1個ずつの使い捨てな為、毎回清潔な状態で使う事が
出来るのも大きな魅力。

価格 3,802円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 酢酸プレドニゾロン、リドカイン、アラントイン、
ビタミンE酢酸エステル
ボラギノールAの通販情報

<メーカー/ブランド>
天藤製薬

<商品の仕様>
内容量:30個(30回分)
摂取量:1回1個目安
タイプ:クリーム

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:無料
手数料:340円
返金保証:−
特典:−

 

 
プリザエース注入軟膏T

プリザエース注入軟膏T

プリザエース注入軟膏Tとは?

プリザエース注入軟膏Tは、大正製薬から
販売されている、注入する事が可能な痔に効く薬。

様々な成分がしっかりと配合をされている事で、
出血、はれを抑えるだけではなく、痒みや痛みといった
辛い悩みにもきちんと対応をしてくれる薬となる。

価格 1,098円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 ヒドロコルチゾン酢酸エステル、塩酸テトラヒドロゾリン、
リドカイン、アラントイン、トコフェロール酢酸エステル、
クロルヘキシジン塩酸塩
プリザエース注入軟膏Tの通販情報

<メーカー/ブランド>
大正製薬

<商品の仕様>
内容量:10個(10回分)
摂取量:1回1個目安
粒のタイプ:チューブ

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:490円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 
ホットタブ重炭酸湯

ホットタブ重炭酸湯

ホットタブ重炭酸湯とは?

痔に効く薬と言うと、飲む薬、そして塗る薬、
ホットタブ重炭酸湯のようなバスタブタイプ
製品がある。

ホットタブ重炭酸湯は、痔に効く薬と言うだけではなく、
冷え性解消、ストレス緩和、腰痛、神経痛などの
緩和にも大きく貢献が期待出来る。

価格 2,700円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、ビタミンC・NA、
PEG6000
ホットタブ重炭酸湯の通販情報

<メーカー/ブランド>
スマイルジャパン

<商品の仕様>
内容量:30個
摂取量:1日4個〜
粒のタイプ:−

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:2,700円2,430円(初回10%OFF)
      ※最低継続回数:1回
【その他】
配送料:630円
手数料:300円
返金保証:−
特典:−

 

 
カルグルト

カルグルト

カルグルトとは?

最近腸内環境の改善を試みる人が大変多く、
そう言う人に人気がある商品なのがカルグルト。

このカルグルトは、そう言った便秘などに対して
効果がある一方で、腸内環境を整える事で
痔に対しても効果を発揮してくれる痔に効く薬となる。

価格 8,000円初回1,980円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 乳酸菌抽出物LFK、ビフィズス菌ビースリー、ガセリ菌、
ラブレ菌、ラクリス-S
カルグルトの通販情報

<メーカー/ブランド>
ルイスヴァージウエルネス株式会社

<商品の仕様>
内容量:30包(1か月分)
摂取量:1日1包目安
粒のタイプ:顆粒

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:8,000円1,980円(初回限定)
まとめ買い:−
定期コース:8,000円980円(初回87%OFF)
      ※最低継続回数:1回
【その他】

配送料:無料
手数料:97円
返金保証:−
特典:−

 

 
Vザックエース軟膏

Vザックエース軟膏

Vザックエース軟膏とは?

Vザックエース軟膏は、塗って治していくタイプの
痔に効く薬。注入は出来ないが、主に外側からの
アプローチに使いやすい


値段が非常に安価で、購入しやすい為、飲むタイプの
痔に効く薬との併用にもお勧め。

価格 560円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 リドカイン、ヒドロコルチゾン酢酸エステル、
イソブロピルメチルフェノール、酸化亜鉛
Vザックエース軟膏の通販情報

<メーカー/ブランド>
中学医薬生産株式会社

<商品の仕様>
内容量:120g(-か月分)
使用量:1日3回程度、適量
タイプ:クリーム

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:507円
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 
ヂナンコーハイAX

ヂナンコーハイAX

ヂナンコーハイAXとは?

ヂナンコーハイAXは、塗るタイプの痔に効く薬。
炎症、かゆみ、痛みを抑えて、さらには組織修復の為の
アラントインなども配合されている。

酸化亜鉛で保護作用もあり、排便前に塗布しておく事で
ダメージを抑えていく事も可能。

価格 2,587円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 ヒドロコルチゾン酢酸エステル、リドカイン、
トコフェロール酢酸エステル、アラントイン、酸化亜鉛
ヂナンコーハイAXの通販情報

<メーカー/ブランド>
ムネ製薬

<商品の仕様>
内容量:30個(−か月分)
摂取量:1日1回から3回目安
タイプ:クリーム

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:無料
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

 

 
ボラギノールEP

ボラギノールEP

ボラギノールEPとは?

痔と言うとボラギノールと言う程に有名になっている
ボラギノールのシリーズだが、実は内服薬も
販売されている。

注入タイプと同時に使っていく事で、対処療法だけではなく、
からだの中からの改善を目指していける痔に効く薬となる。

価格 2,170円
評価 痔に効く薬・サプリ 評価
こだわり成分 ボタンピ、セイヨウトチノキ種子、シコン
ボラギノールEPの通販情報

<メーカー/ブランド>
天藤製薬

<商品の仕様>
内容量:16包(16回分)
摂取量:1回1包目安
粒のタイプ:顆粒

<お得な通販情報>
【割引価格】

通常価格:割引なし
まとめ買い:−
定期コース:−
【その他】
配送料:無料
手数料:324円
返金保証:−
特典:−

当サイトのランキングは、各痔に効く薬・サプリの総販売数や、
顧客満足度、また各口コミサイトのレビューや体験談などの評価を元に
順位づけを実施したものとなっています。


痔に効く薬ランキングの比較一覧

こちらでは、痔に効く薬ランキングを一覧表で比較して
ご紹介しています。

 

クリックすると画像を拡大できます
痔に効く薬・サプリ ランキング 画像
※表示価格はすべて税込です

 

 

今もっとも口コミで人気の痔に効く薬は
『ピーチラック乙字湯』です。

 

ピーチラック乙字湯 画像

 

痔に悩む女性は最近とても多いと言われています。
妊娠、出産の際に肛門付近にダメージを負ってしまうと言う
ケースも少なくなく、またそれ以外にも色々と痔になる原因が
非常に多くあるのです。

 

冷え性の女性も最近とても多く、また冷房などで常に
身体が冷えている状態の方も少なくありません。
そう言った自分の努力だけではどうにもならない痔に効く薬
ピーチラック乙字湯となります。

 

ピーチラック乙字湯 画像

 

ピーチラック乙字湯は、お尻周辺の血液のうっ血を改善して、
肛門の血流を良いものとしてくれます。そして排便時の
ダメージの原因となる便の状態を良いものとしてくれるのです。

 

便秘の改善にも当然効果を発揮してくれる為、痔だけではなく
便秘に悩んでいる方にもお勧めの痔に効く薬が
ピーチラック乙字湯と言えるでしょう。

 

便秘と痔はとても深い関係にあり、便秘によって肛門に負担がかかり、
そして便がたまる事で便が固くなり、さらに痔になりやすくなり、
痔がひどくなる事で排便がしづらくなると言う悪循環にあります。

 

ピーチラック乙字湯 画像

 

こう言った問題を解決するには、ピーチラック乙字湯のように、
痔の問題、血流の問題、便秘の問題すべてにアプローチをしてくれる
痔に効く薬がお勧めとなっています。

 

現在ピーチラック乙字湯は定期コース、2箱まとめてのモニターコース
行っております。当サイトからも公式サイトに行けるように
なっていますので、よろしければ覗いてみて下さい。

 

 

ピーチラック乙字湯

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

痔に効く薬にはどんな効果がある?

痔に効く薬 効果 画像

痛みや痒みなどが辛くても、デリケートな場所だけに
痔の症状については人に相談しにくいものですよね。

 

医者に診てもらうのも抵抗があるという人も
多いのではないでしょうか。

 

そんなときに注目したいのが痔に効く薬ですが、
痔に効く薬にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

 

ここでは痔に効く薬の効果効能についてご紹介します。

 

 

軟膏など塗るタイプの薬の効果

痔に効く薬 効果 画像

 

痔に効く薬はいろいろとありますが、
直接患部に塗る軟膏タイプのものがあります。

 

主に第二類医薬品に分類されている薬で、
次のような症状への効能があるとされています。

 

・痛みを抑える
・出血を抑える
・腫れを抑える
・痒みを抑える
・傷口の修復

 

このような一般的な痔の諸症状を改善する
効能が期待できるのが軟膏タイプの痔に効く薬です。

 

 

内服薬の効果は?

痔に効く薬 効果 画像

 

痔に効く薬というと塗り薬や注入するタイプの薬を
イメージする人も多いと思います。

 

しかし内側から痔に働きかける内服薬もあります。

 

血流改善や腸内環境を良くする効果などがあるので、
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

腸内環境を整える効果

痔に効く薬 効果 画像

 

腸内環境が悪くなると便秘になりやすいといわれています。

 

便秘の場合、硬くなった便を無理やり出すことになるため、
排便時に皮膚が切れて切れ痔になってしまう可能性があります。

 

また、トイレに座る時間が長くなったりいきんだりすることで、
肛門周辺の血液の流れが悪くなってしまい
痔になりやすくなるとも考えられています。

 

下痢の場合も、肛門に負担をかけることに繋がり
痔になりやすくなるといわれています。

 

 

そのため、痔の予防や改善には腸内環境を整えることが大切です。

 

痔に効く薬とされるものには、腸内環境を整える効果が期待できる
ビフィズス菌や乳酸菌などが配合されているものもあります。

 

腸内環境を整えることは便秘や下痢の解消だけでなく、
身体の免疫力アップや肌荒れの改善などにも繋がるとされています。

 

腸内環境を整えることで、健康・美容への効果が期待できます。

 

 

血行不良の改善

痔に効く薬 効果 画像

 

痔の原因の一つとして考えられているのが、
身体の冷えや血行不良です。

 

肛門周辺の血液の流れが悪くなり、細かい血管がうっ血すると
腫れあがって痔核ができる可能性があります。

 

一般的にいぼ痔と呼ばれているものです。

 

 

さらに血行が悪くなると肛門周辺の柔軟性がなくなり、
肛門が避けやすく切れ痔になるともいわれています。

 

痔の改善や予防には血流改善や冷え性の改善が大切になります。

 

そのため痔に効く薬は、
血流改善や冷え性改善の効果が期待できるものがあります。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

痔に効く薬にはどんな成分が配合されている?

痔に効く薬 成分 画像

痔に効く薬にはどんな成分が配合されていて
痔の症状を改善してくれるのでしょうか?

 

痔に効く薬に配合されている一般的な成分を
いくつか紹介していきます。

 

 

炎症を抑えるステロイド

 

市販されている痔に効く薬の中でも、塗り薬タイプには
ステロイドが配合されていることが多くあります。

 

皮膚炎の治療などにも用いられる成分ですが、
炎症を抑える作用があることで知られています。

 

痔に効く薬では患部の炎症を抑えて、出血や腫れ、
痒みなどの改善のために配合されています。

 

ステロイドはいくつかの種類があります。

 

例えば酢酸プレドニゾロンやヒドロコルチゾン酢酸エステルなどが
ステロイドに分類できる成分です。

 

炎症を抑える効果が強い反面、長期間使い続けることで
副作用が起きる可能性がある成分なので、
使用方法を守って正しく使うと良いでしょう。

 

 

痛みや痒みを抑えるリドカイン

 

リドカインは局所麻酔の成分で、塗り薬タイプの
痔に効く薬に配合されています。

 

痔による局所的な痛み、痒みを抑える効果が期待できます。

 

 

傷の治りを良くするアラントイン

 

塗り薬タイプの痔に効く薬に配合されていることが多い成分で、
組織の修復を良くするとされています。

 

痔で傷ついた部分を治りやすくするために配合されています。

 

 

血流改善作用があるトコフェロール酢酸エステル

痔に効く薬 成分 画像

 

肛門にある毛細血管の集まりがうっ血して晴れた状態が
いぼ痔です。

 

そのためいぼ痔の改善には血流改善が効果的とされます。

 

塗り薬タイプには血液の流れを良くする
トコフェロール酢酸エステルや酢酸トコフェロールが
配合されていることが多いです。

 

人工的に作られたビタミンEの一種です。

 

 

飲み薬に用いられる漢方成分

痔に効く薬 成分 画像

 

医薬品として分類されている痔に効く薬には
漢方を用いているものがあります。

 

サプリと比べるときちんとした一定の効果が期待できる漢方は、
痔の改善にももちいられています。

 

その中でも6種類の生薬を配合した漢方薬乙字湯と呼びます。

 

乙字湯には以下の成分が配合されています。

 

トウキ

血流を良くする効果がある。

 

サイコ

炎症を抑える作用や、痛みを抑える効果がある。

 

オウゴン

炎症を抑える作用と止血作用がある。

 

カンゾウ

痛みを抑える作用がある。

 

ショウマ

炎症を抑える作用がある。

 

ダイオウ

便秘の改善に効果がある。

 

痔の症状を改善する効果がある成分に加えて、
痔の原因の一つとされる便秘改善にも効果的なのがポイントです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

痔に効く薬の使い方は?

痔に効く薬 使い方 画像

痔に効く薬には患部に塗るタイプのものがあります。

 

正しい使い方をすることが大切です。

 

ここでは患部に直接塗ることで効果を発揮する
痔に効く薬の使い方について説明していきます。

 

 

外側にできた痔への使い方

痔に効く薬 使い方 画像

 

痔にはいくつかの種類があります。

 

肛門の内側や外側に膨らんでできるものをいぼ痔と呼びます。
痔核と呼ぶこともあります。

 

このいぼ痔は肛門の内側、外側のどちらにもできますが、
外側にできたいぼ痔には直接患部に薬を塗ることができます。

 

また、肛門の皮膚が切れてしまった切れ痔の場合にも、
外側の部分は直接薬を塗ることができます。

 

外側に薬を塗る場合は、軟膏や注入軟膏を使います。

 

注入軟膏は内側に挿入して使えるものですが、
中身を指に取り出すなどして外側に使うこともできます。

 

外側の患部に薬を塗っていく場合、指で塗る、
薬を直にあてる、ガーゼ使う塗り方という
3つのパターンがあるのでそれぞれ説明していきます。

 

薬を指で塗る方法

痔に効く薬 使い方 画像

 

薬を指に取って、痔の患部に直接塗っていきます

 

肛門に直に触れることになるので抵抗があるかもしれませんが、
指で感触を確かめながら塗ることができるので
正確に塗りやすい方法です。

 

指で直接塗る場合には、雑菌が患部に付くと良くないので、
使用前に指を清潔にしておくことが大切です。

 

もちろん使用後も手を洗って清潔にしましょう。

 

 

チューブの先端から直に塗る方法

 

チューブの先端から薬を絞りだし塗りつけることもできます。

 

指で肛門に触れるのに抵抗がある場合にお勧めです。

 

ただし、指で塗るよりも正確に塗りにくいという欠点があります。

 

またチューブから直接塗る場合、使用後のチューブを清潔に保つ
必要があります。

 

注入軟膏の場合、中に薬が残っていたとしても
清潔さを保つため1回使い切りで使用するようにしましょう。

 

 

ガーゼを使う方法

 

薬をガーゼの上に広げて、肛門にあてて薬を塗る方法です。

 

ガーゼをあてた範囲に薬を塗れるので、
チューブをあてるよりも塗りやすい方法です。

 

ガーゼを一回ずつ使い捨てれば衛生面の問題もありません。

 

 

注入軟膏の入れ方

痔に効く薬 使い方 画像

 

内側にできてしまったいぼ痔や、切れ痔が内側に広がっている場合
注入軟膏が適しています。

 

注入軟膏は薬の入っている部分と差し込むノズル部分という
形状になっているのが一般的です。

 

キャップを外して、ノズル部分を肛門に挿し込みますが、
そのままだと滑りが悪く挿し込みにくいので、
中身を少しだけ出しておきます

 

清潔な指や綿棒などで中に入るノズル部分に
薬を塗り広げておくとより滑りが良くて入れやすくなります。

 

薬の入っている容器全体までは入れないようにしてください。

 

挿入したあとは容器を押して薬を内部に注入し、
押したまま引き抜きます。

 

容器を全部入れないこと、押したままの状態で引き抜くこと
注入軟膏の入れ方のポイントです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

痔に効く薬の飲み方はどうする?

痔に効く薬 飲み方 画像

痔に効く薬には内側から改善に働きかける
飲み薬もあります。

 

飲むタイプの痔に効く薬をしっかりと効かせるためには
いつ飲むのが効果的なのでしょうか?

 

きちんと痔を治していくためには正しい飲み方が大切です。

 

ここでは痔に効く薬の飲み方を紹介します。

 

 

医薬品の飲み薬は用法用量を守りましょう

 

痔の症状に直接働きかけるような薬は医薬品に分類されるもので、
それぞれの商品で説明してある飲み方を守ることが大切です。

 

サプリと違い薬の場合は、服用量や回数を正しく飲まないと
副作用を引き起こす可能性を高めてしまいます。

 

食前や食後、食間など飲むタイミングの指示があれば、
それに従って飲むようにしましょう。

 

 

症状が改善されない場合は?

痔に効く薬 飲み方 画像

 

痔の症状の程度によっては痔に効く薬を服用しても
症状の改善がみられない場合もあります。

 

また市販薬が効果的とされているのは切れ痔やいぼ痔で、
痔ろうと呼ばれるタイプは薬では治らないともいわれています。

 

効果がない薬を飲み続けるのも良くないため、
一定期間で症状の改善がみられない場合は服用を止めて、
医師や薬剤師に相談することをお勧めします。

 

大体1か月程度が目安になりますが
どの程度の期間かは商品によっても異なるので、
それぞれ使用説明書を読んで確認しておきましょう。

 

 

腸内環境を整えて痔に働きかけるタイプは?

痔に効く薬 飲み方 画像

 

痔の原因といわれている便秘や下痢の症状改善に
便秘解消効果がある痔に効く薬もあります。

 

腸内環境を整える効果があるものとしては
乳酸菌やビフィズス菌配合のサプリがあります。

 

サプリの場合は医薬品とは異なるため、
厳密な飲むタイミングは決められていません。

 

しかし腸内環境を整える目的で飲むのなら、
飲むタイミングは食後が良いといわれています。

 

空腹時は胃酸の影響で乳酸菌などが死んでしまうため、
食後の胃酸が薄まっている状態が良いと考えられています。

 

乳酸菌やビフィズス菌を摂って腸内環境改善を目指すなら食後、
そして毎日継続して飲み続けることが大切です。

 

薬と違い、長期的に飲み続けることで健康効果が出るとされます。

 

身体に合わない場合は飲むのをやめて様子をみてください。
それ以外は、毎日継続して飲むようにしましょう。

 

朝に飲むか夜に飲むかという問題は意見が分かれるところです。

 

そのため、自分が飲み続けやすいタイミングで
無理なく飲むようにすると良いでしょう。

 

飲むときは熱いお湯や冷たすぎる水で飲むより、
常温の水か温めの白湯などが良いといわれています。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

痔に効く薬の市販薬はどんなものがあるの?

痔に効く薬 市販 画像

デリケートな悩みである痔に効く薬は
いろいろな種類のものが販売されています。

 

ドラッグストアや薬局で購入できるのはもちろん、
通販で購入できるものもあります。

 

反対にドラッグストアなどでは市販されておらず、
通販限定でしか購入できない場合もあります。

 

 

市販薬で有名なボラギノールやプリザエース

ボラギノール 画像 プリザエース 画像

 

市販されている痔に効く薬の中で有名なものというと、
ボラギノールやプリザエースではないでしょうか。

 

テレビCMで目にする機会もあるとおもいます。

 

ボラギノールやプリザエースにはそれぞれ複数のタイプの
ラインナップがあります。

 

外側から塗る軟膏タイプ、外側内側両方に使える注入軟膏、
内側に入れて使う坐剤タイプ、飲み薬です。

 

ボラギノールとプリザエースでは配合されている成分は
多少異なりますが、同様の効果が得られる医薬品成分が
しっかりと配合されています。

 

例えばボラギノールA注入軟膏に
酢酸プレドニゾロンが配合されています。

 

プリザエースの場合はヒドロコルチゾン酢酸エステルという
成分が配合されています。

 

これはどちらもいわゆるステロイドに分類される成分です。

 

ステロイド剤には炎症を抑える働きがあり、
炎症を抑えることで痔の出血や腫れや痒みなどを抑えるとされます。

 

ほかにも局所麻酔の作用があるリドカインや、
傷の治りを良くするアラントインなどが共通しています。

 

 

ボラギノールとプリザエースの違いは?

 

似たような効果が得られる二つの痔に効く薬ですが、
もちろん違いもあります。

 

プリザエースの方にはl-メントールが配合されています。

 

すっとした使用感と痒みを抑える働きがあるとされる成分です。

 

痒みが強い人はプリザエースの方が良いかもしれませんが、
どちらの薬も十分効果が期待できるといえるでしょう。

 

 

漢方の飲み薬ピーチラック乙字湯もお勧め

ピーチラック乙字湯 画像

 

痔に効く薬は内側から症状を改善していく飲み薬もあります。

 

ピーチラック乙字湯は第二類医薬品に分類されている
漢方成分が主成分の痔に効く薬です。

 

トウキ、カンゾウ、サイコ、ショウマ、オウゴン、ダイオウと
6種類の漢方が痔の症状改善に働きかける薬です。

 

肛門周りの血行を良くする効果や、炎症を抑える効果、
便秘解消に効果があるとされている薬です。

 

注入軟膏や坐剤タイプの外用薬に抵抗がある場合でも
飲み薬なら取り入れやすいのでお勧めです。

 

乙字湯という漢方薬は実はいろいろなメーカーが発売していますが、
ピーチラック乙字湯は比較的最近発売された商品です。

 

ボラギノールやプリザエースはドラッグストアなどの店頭でも
購入することができますが、ピーチラック乙字湯は今のところ
公式通販でしか購入できません。

 

店頭で気軽に購入することはできませんが、
痔に効く薬をレジに持っていくのが恥ずかしいという人も多いので、
通販のみでの販売もあまり問題ではないでしょう。

 

公式通販ならではのお得な定期購入も用意されています。

 

このことから内服薬で痔の症状を改善できるピーチラック乙字湯も
痔の症状で悩んでいる人にお勧めの薬です。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

痔に効く薬の飲み薬でおすすめなのは?

痔に効く薬 飲み薬 画像

痔に効く薬は外側から塗る外用薬のイメージが強いですが、
身体の内側から働きかける飲み薬もあります。

 

注入軟膏などの塗り薬には抵抗があるという人に、
飲み薬タイプの痔に効く薬は人気があります。

 

いくつもある飲み薬のなかから
どんな痔に効く薬が人気なのかを紹介します。

 

 

ボラギノールEP

ボラギノールEP 画像

 

注入軟膏でも知られているボラギノールですが、
ボラギノールEPは漢方の飲み薬です。

 

ボタンピ、セイヨウトチノキ種子、シコンといった
3種類の漢方エキスを配合しています。

 

炎症を鎮め、痛みや痒みを、出血を改善する効果が期待されます。

 

合わせてビタミンE酢酸エステルも配合されています。

 

ビタミンE酢酸エステルは血液の流れを改善する働きがあり、
肛門周辺の血液の流れを良くするための成分です。

 

 

乳酸菌のカルグルト

カルグルト 画像
カルグルトは乳酸菌やビフィズス菌を5種類配合していて、
腸内環境改善に役に立つサプリです。

 

医薬品ではなく食品の分類になります。

 

乳酸菌の力で腸内環境を整えることで、
痔に良くない便秘や下痢といった症状を改善します。

 

カルグルトには日本人の体質に合わせた乳酸菌が選ばれています。

 

生きた乳酸菌をしっかりと腸に届いて便秘解消に効果的だと
人気がある商品です。

 

 

エンジェルオコレ

エンジェルオコレ 画像

 

エンジェルオコレも腸内環境を整えるサプリです。

 

エンジェルオコレはビフィズス菌BR-108を配合しています。

 

赤ちゃん由来の殺菌ビフィズス菌です。

 

殺菌されているため生きた菌ではありませんが、
死んだ菌は腸内の善玉菌エサとなるといわれています。

 

善玉菌の働きを良くすることで腸内環境を整えて、
痔の症状緩和に役立つと人気があります。

 

また、腸内環境を整える食物繊維である難消化性デキストリン、
身体の巡りを良くするヒハツも配合されています。

 

よりしっかりと痔の症状を和らげてくれると期待でき、
飲み薬の中で人気が高い商品です。

 

 

一番おすすめはピーチラック乙字湯

ピーチラック乙字湯 画像

 

飲み薬の中でも人気が高いのがピーチラック乙字湯です。

 

6種類の漢方エキスを配合しているピーチラック乙字湯は、
痔の炎症を抑え、痛みや出血などを改善するとされています。

 

第二類医薬品に分類される痔に効く薬になります。

 

しっかりとした効果が期待できると同時に、
漢方なので続けて飲みやすいのも人気の理由です。

 

乙字湯は痔に効く漢方薬として知られているもので、
ピーチラック乙字湯はいろいろとある乙字湯商品の中でも
コスパが良く買い求めやすくなっているのもポイントです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

痔に効く薬に副作用はあるの?

痔に効く薬 副作用 画像

辛くて人には相談しにくい痔の症状に効果的な
痔に効く薬ですが、副作用についても気になるところです。

 

ここでは痔に効く薬の副作用について考えていきましょう。

 

 

医薬品は副作用の可能性があります

 

医薬品として分類されているものには
少なからず副作用の可能性があります。

 

痔に効く薬の多くは第二類医薬品に分類されています。

 

医薬品は第一類、第二類、第三類などいくつかに
分けられています。

 

これは効果の強さで分けていると思われがちですが、
実は副作用のリスクで分類されています。

 

第二類医薬品は第三類医薬品と比べると
副作用に注意が必要だということになります。

 

 

どのような副作用があるの?

痔に効く薬 副作用 画像

 

痔に効く薬には副作用の可能性がありますが、
どのような副作用が考えられるのでしょうか。

 

塗るタイプの薬の場合、皮膚の痒みや発疹、腫れ、
化膿などの副作用が出る可能性があります。

 

また副作用の症状が酷い場合は、アナフィラキシーショックの
症状が出る可能性も稀ですがあるとされています。

 

痒みなどに加えて息苦しさや動悸、冷や汗といった副作用が
出た場合はすぐに医師に診てもらう必要があります。

 

 

ステロイド剤の使い過ぎによる副作用

 

軟膏などの塗る痔に効く薬には、ステロイドの成分
配合されているものが少なくありません。

 

ステロイドには炎症を鎮める働きがるので、
痔の痒みや出血などの症状改善にも効果があるとされます。

 

しかしステロイド剤を長期間に渡って使うことが
副作用に繋がるのではないかといわれています。

 

主に免疫力が低下したり皮膚が薄くなったりすると
考えられています。

 

ステロイド配合の薬は高い効果が期待できるのですが、
長期間使い続けないようにといわれています。

 

ステロイド配合の痔に効く薬には注意書きに
そのことがしっかりと明記されているはずです。

 

また、一定期間使用して症状改善がみられない場合も
使用を中止することが書かれています。

 

合わない薬を長期間使い続けることが
副作用を引き起こすことに繋がるかもしれないので、
こういった注意書きを守ることが大切です。

 

 

妊娠中や授乳中は?

痔に効く薬 副作用 画像

 

妊娠出産は女性の痔の発症のきっかけとなるため、
妊娠中や授乳中に痔に効く薬を飲みたい人も少なくないと思います。

 

この時期はより副作用が気になるところです。

 

医薬品のものは妊娠中や授乳中の場合は服用前に
かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

 

また、内服薬で使われる便秘解消に効果的な漢方は
子宮収縮作用などもあるので流早産のリスクを
高めてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

授乳中の場合は成分の影響が母乳にでて
乳児が下痢をしてしまうこともあるといわれています。

 

そのため、妊娠中や授乳中に痔に効く薬を飲む場合、
きちんと確認したうえで飲むようにすると良いでしょう。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

痔に効く薬の口コミや実際の評判は?

痔に効く薬 口コミ 画像

痔に効く薬を使用して、本当に効果があるのかどうか
気になるところではないでしょうか?

 

ここでは痔に効く薬の評価を実際に使用した体験談などを元に
見ていきたいと思います。

 

 

注入軟膏の評判は?

 

痔に効く薬で一般的な注入軟膏ですが、
実際に使用した感想はどうなのでしょうか?

 

やはり肛門に挿し込むという行為に抵抗があるという
口コミもありました。

 

しかし実際に使ってみることで症状が改善したという
口コミも数多く見られます。

 

医薬品として有効な成分が配合されているので、
痔の症状改善には効果が期待できるようです。

 

注入軟膏は一回分ずつ小分けになっているので、
チューブに入っている軟膏よりも衛生的で使いやすいという
評価も見られました。

 

 

効果はあるけど副作用が心配?

痔に効く薬 口コミ 画像

 

注入軟膏を使用している人の口コミの中にいくつか見られたのが、
ステロイド剤を使うことへの抵抗感です。

 

ステロイド剤は痔の症状改善に効果が期待できる反面、
長く使い続けるのが良くないともいわれています。

 

そのため、痔の症状が酷いときに使って
長くは使い続けないようにしているという口コミがありました。

 

 

症状が改善されないこともある?

 

感想を見ていると、症状が改善されないこともあるようです。

 

体質や症状の程度によって、効果がない可能性があります。

 

また、痔の種類によっても市販の薬で治らないことがあります。

 

痔ろうは市販薬で治せないといわれています。

 

痔に効く薬を効果なしと評価している人のなかには、
もしかしたら治らないタイプの痔の人もいるかもしれません。

 

 

便秘解消効果があるものは痔の予防にも

痔に効く薬 口コミ 画像

 

痔の原因は便秘や下痢が関係しているといわれています。

 

長時間いきむなど肛門に負担がかかってしまうからです。

 

痔の症状に悩んでいる人のなかには
乳酸菌など配合されたサプリを服用することで
腸内環境を整えているという人もいるようです。

 

腸内環境が整い便秘などが改善された結果、
痔の症状が楽になったという体験談もあります。

 

 

飲み薬の評価は?

 

痔に効く薬は、身体の内側から改善してくれる
飲み薬のものもあります。

 

医薬品の痔に効く薬を飲んでいる人の感想を見ると
症状が改善されたというものが見られます。

 

飲み薬は漢方配合のものが主流のようですが、
しっかりと漢方の働きで症状が改善していくようです。

 

飲み薬で便秘が改善されたという感想もあります。

 

一般的に塗り薬で治すイメージがある痔の症状ですが、
飲み薬でも効果が期待できるといえそうです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

痔に効く薬のおすすめはどれ?

痔に効く薬 おすすめ 画像

辛い痔に効く薬はいろいろとあるため、
どの商品を選んで良いか悩んでしまうところです。

 

塗り薬タイプや飲み薬タイプなどいろいろありますが、
どのようなものが人気があるのかを紹介します。

 

 

おなじみのボラギノール

 

ボラギノールはテレビCMなどでもおなじみの
痔に効く薬です。

 

ボラギノールは塗り薬や飲み薬など
ラインナップが幅広く揃っています。

 

注入軟膏タイプのボラギノールAは、
4種類の有効成分が配合されている痔に効く薬です。

 

ボラギノールA 画像

 

痒みや痛みを抑えるリドカイン、炎症を抑えて
出血や腫れを抑える酢酸プレドニゾロン
傷の修復を良くするアラントイン

 

さらに血液の流れを良くするビタミンE酢酸エステルの4つです。

 

しっかりと痔の症状改善に効果がある有効成分です。

 

 

ボラギノールEPは漢方の内服薬です。

 

ボラギノールEP 画像

 

3種類の生薬の力で痔の原因となる血液の滞りの改善や
痔による炎症や痛み、出血を改善する効果が期待できます。

 

 

便秘の症状を改善するサプリ

 

便秘や下痢は痔になったり、症状を悪化させたりします。

 

痔の改善には便秘解消も大切です。

 

エンジェルオコレビフィズス菌BR-108配合のサプリ。

 

エンジェルオコレ 画像

 

腸内環境を整える効果が期待できるサプリです。

 

また、身体の巡りを良くするヒハツエキスも配合されています。

 

身体の冷えや血液の滞りに働きかけてくれることも
痔の症状改善に繋がりおすすめのサプリです。

 

 

ホットタブ重炭酸湯で身体を温める

ホットタブ重炭酸湯 画像

 

痔の症状改善や予防には身体を温めて
肛門周りの血液の流れを良くすると良いといわれています。

 

飲み薬、塗り薬とは異なる傾向になりますが
ホットタブ重炭酸湯も痔に効く薬としておすすめします。

 

薬用の入浴剤です。

 

炭酸ガスの力で温浴効果を高める入浴剤です。
しっかりと身体を温め、血行促進効果が期待できます。

 

 

漢方成分のピーチラック乙字湯

ピーチラック乙字湯 画像

 

エンジェルオコレはサプリですが、ピーチラック乙字湯は
ボラギノールEPと同じく漢方の成分を配合している
第二類医薬品に分類される痔に効く薬になります。

 

ボラギノールEPとの違いとして、ピーチラック乙字湯には
6種類の漢方成分が配合されています。

 

トウキ、カンゾウ、サイコ、ショウマ、
オウゴン、ダイオウという6種類の生薬です。

 

この6種類を配合した痔に効果的な漢方薬を
一般的に乙字湯と呼んでいます。

 

ピーチラック乙字湯は数ある乙字湯の中の一つです。

 

乙字湯の中でも比較的コスパが良いことから人気があります。

 

塗り薬タイプで外側から治すのも効果的ですが、
身体の内側から原因に働きかけることも効果的と考えられます。

 

注入軟膏を肛門に挿し込むことに抵抗がある場合にも
飲み薬のピーチラック乙字湯はおすすめです。

 

 

⇒ このページのTOPへ戻る

 

痔に効く薬をランキングで比較すると人気は?

痔に効く薬・サプリ ランキング 画像

痔に効く薬といってもいろいろな商品が販売されています。

 

辛い痔の症状におすすめの痔に効く薬を、
ランキング形式でまとめて比較してみました。

 

その中でも人気のあるのはどの商品でしょうか?

 

 

注入軟膏のプリザエース

プリザエース 画像

 

プリザエースは痔に効く薬としてよく知られている
大正製薬から発売されている商品です。

 

注入軟膏のほかにも、坐剤やチューブの軟膏タイプ、
飲み薬タイプなどいろいろ揃っている人気商品です。

 

大正製薬という大手メーカーが作っている安心感もあります。

 

プリザエース注入軟膏は第二類医薬品に分類されています。

 

痛みを抑える局所麻酔のリドカイン、炎症を抑える効果がある
ヒドロコルチゾン酢酸エステルを始めとした
有効成分がしっかりと配合されています。

 

外側から薬の塗ることで、痔の症状改善に
高い効果が期待できることから人気がある商品です。

 

 

ボラギノールA注入軟膏

ボラギノールA注入軟膏 画像

 

ボラギノールはプリザエースと同じく有名な痔に効く薬です。

 

こちらも注入軟膏以外に、飲み薬や坐剤、チューブの軟膏
幅広くシリーズが揃っています。

 

注入軟膏に配合されている有効成分は
プリザエースと比べると種類が少ないのですが、
痔への効果は十分に期待できることで人気があります。

 

 

サプリのビフィーナSやエンジェルオコレ、カルグルト

ビフィーナS 画像 エンジェルオコレ 画像 カルグルト 画像

 

医薬品の分類ではなく食品の分類となるのが
ビフィーナSやエンジェルオコレ、カルグルトです。

 

乳酸菌やビフィズス菌といった腸内環境を整えるのに
効果的な成分が配合されているサプリです。

 

腸内環境の乱れは健康にとって悪影響となりますし、
便秘や下痢を引き起こすことにも繋がります。

 

便秘や下痢によって肛門に負担がかかることは
痔にとって良くない状態です。

 

痔の症状を良くするためには腸内環境を良くすることも大切なので、
ビフィーナSやエンジェルオコレ、カルグルトといったサプリも
人気があります。

 

 

一番人気のピーチラック乙字湯

ピーチラック乙字湯 画像

 

乙字湯は痔に効果的な6種類の漢方を配合した薬で、
ピーチラック乙字湯は数ある乙字湯商品の一つです。

 

便秘の改善や、血流改善、消炎効果や鎮痛効果など
痔の症状改善に効果的な働きが期待できる内服薬です。

 

即効性では注入軟膏など直接患部に付けるものの方が
あるとされます。

 

ピーチラック乙字湯は時間が多少かかったとしても、
身体の内側からしっかりと痔の症状改善に効く薬です。

 

確かな効果が期待できる乙字湯の中でも求めやすい価格で、
定期初回は半額で購入することができます。

 

定期購入に回数の縛りもないため、
とりあえず購入してみたい人にもおすすめです。